07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

10周年 あれこれ

2014/12/10
お借りします









RT鍵:①
去る2003年、12月26日のことだった。
アジアの星BOAと、世界的なポップスターブリトニースピアーズが忘年特集ショーを開いた。
この世紀の出会いのゲストとして5人の少年が登場した。

名前も映画”東方不敗”を思い出させるかのように 東方神起と言った。

RT鍵:②
文字通り신기(不思議)なチーム名と 各自の四文字の名前は当時物凄い衝撃だった。
類稀な5人の少年は”HUG”で途方もない人気を得た。
東方神起は曲を発表する度に人気を博しH.O.T.に続く2世代最高アイドル グループとなった。

RT鍵:③
上昇疾走していた彼らだったが 去る2009年専属契約紛争で2と3に分けられ各自の道を行くことになった。
しかし、試練に遭っても彼らは新しい記録を打ち立て相変らずアジア最高のスターとして位置付けている。
そして彼らは各自の場所でデビュー10周年を迎えることになった。

RT鍵:④
まず JYJは去る11月18,19日 日本東京で”2014 JYJ Japan Dome Tour ICHIGO ICHIE”を開催した。
JYJは東京ドームの観客席をぎっしりとパールレッドの波で満たし 約2時間45分の間公演を行った。

RT鍵:⑤
JYJは去る2010年から発表してきた曲と共にメンバー3人3色のソロ舞台もリリースした。
特にJYJはこの日 Wアンコールの舞台で、過去に身を置いていた東方神起として活動していた当時歌った”Begin”を熱唱した。

RT鍵:⑥
キム・ジュンスは公演に先立ち行われた記者会見でこの曲について”公演で歌いたかった”と言い“容易ではなかったが プレゼントのような曲を一曲でも準備したかった。特に”Beginを選択した理由は 曲中にあるメッセージがファンたちに伝えたい気持ちを代弁しており

RT鍵:⑦
思い出が最も残っている曲だったから”と選曲について説明した。
事実JYJが決別以後 東方神起の歌を歌ったのは初めてだった。予想できない舞台に観客は歓声を送り涙を見せたりもした。

RT鍵:⑧
続いて東方神起は去る6,7日ソウルオリンピック公園体操競技場で“TVXQ! SPECIAL LIVE TOUR -T1ST0RY’を開催した。この日東方神起はコンサートタイトルからも感じられるように 東方神起10年の集大成として約3時間の間ヒット曲パレードをリリースした

RT鍵:⑨
アンコール曲にはデビュー曲”HUG”が流れ出し”ミドヨ” ”My Little Princess” ”Rising Sun”など 東方神起の10年を引っ張ってきた曲をリリースしファンたちと共に歌を歌い呼吸する舞台を作った。

RT鍵:⑩
それぞれ 他の時間と空間にリリースした公演ではあったが、共通して聞こえてきたのは“本当に上手だ”という言葉だった。
5人皆が ステージで乱れのないパフォーマンスとライブの実力を見せた。
なぜ彼らが10年の間頂点の座を守ることができたのか理解できるような内容だった。

RT鍵:⑪
かえって10年の間実力を向上させてきたことを感じられた。

これと共に変わらないファンたちの姿も引き立って見えた。
事実1ヶ月の間にもたくさんのアイドルグループがデビューし、アイドルの世界程変化が早いところはない。

RT鍵:⑫
しかし、多くのファンたちは10年の間5人と喜怒哀楽を共にし、ファンたちは強くなり彼らを側で守ってきた。
やはり五人は公演で観客との呼吸を優先的に考え、10年間磨き上げてきた通り 観客たちに居心地の良さを感じさせた。

RT鍵:⑬
10年が過ぎ 5人の少年たちも30代を控えている彼らを好きだったファンたちも10代の青少年から堂々とした社会人となった。もしかすると誰かにとって、5人の姿は学生時代の、或いはその当時の思い出でもある。

RT鍵:⑭
10年が過ぎ5人には危機もあったが引き続き各自の記録を打ち立てながら前に進んでいる。
今後の彼らの10年 期待に目が離せない。

기사입력 2014-12-08 06:40
글. 최진실 true@tenasia.co.kr






スポンサーサイト
00:12 記事引用 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示