07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

SPY THE FACT

2015/01/10
今まで見た中で、写真も記事も一番詳しくていい…かも



入力:2015.01.10 07:00 /修正:2015.01.10 01:16
['スパイ' 初放送]
テレビ用スパイ映画、汗いっぱいの50分「★ポイント5つ」



2015 spy the fact
KBS2「スパイ」がスリリングな展開と家族愛を興味深く組み合わせて期待を集めた。
/「スパイ」の放送をキャプチャ


[もっとファクト|キム·ギョンミン記者]

KBS2新しい金曜ドラマ「スパイ」(演出パク·ヒョンソク、脚本ハン・サンウン이강))が「家族諜報極」という新鮮なジャンルの魅力をしっかりと見せてくれた。俳優たちの演技力とスピード感のある展開は、コシ緊張感をプレゼントして手に汗を握るた。50分の映画のような構成は、次の回の気がかりなことを刺激した。

9日午後初放送された「スパイ」は、50分物を2回連続放送、100分の間、視聴者と初めて対面した。基本的にはヘリム·パク(ペ·ジョンオク分)の隠された事情と母性愛が葛藤の主軸を立てた。元スパイだった彼女が愛する家族、特に国家情報院要員の息子キム·ソンウ(キム·ジェジュン分)を守るために苦悩する過程が描かれた。

キム・ソンウは不足のない家の中の環境でヘリム·パクと母子間の深い絆を交わした。正しい考えと暖かい心を持っているが、密かに特殊任務を実行する国家情報院要員として活躍した。彼の母親は北朝鮮スパイとして活動した過去を携え帽子が運命的な悪縁にぶつかったわけである。

キム·ソンウの母だけでなく、恋人のイ·ユンジン(ゴソンフイ分)も単純ではないキャラクターとして登場した。イ·ユンジンは、金善宇を心から愛する恋人に、中国生まれ親を早く失った孤児だ。しかし、食卓の上で滑らせる水のボトルを一気につかんで金善宇を見るたびに何か言えない事情を秘めた目つきで正体が別にあると推測された。

キム·ジェジュンとゴソンフイは前作よりもはるかに発展した演技力で劇を安定感になり導いた。インフォメーション家族劇中で男女主人公に危険なロマンスを展開するものと予想され、関心を集めた。


2015 2 spy fact
「スパイ」のユ·オソン(右下の)ペ·ジョンオク(左下)は、最初の放送で緊張感を最高潮に導いた。
/「スパイ」の放送をキャプチャ


特に最初の放送で、若い男女のロマンスよりも視聴者の目をさらに引いたのは、ヘリム·パクとファンギチョル(ユ·オソン分)のカリスマ対決である。ファンギチョルは過去ヘリム·パクの直属の上司だったヘリム·パクの裏切りで死の危機を越えた人物である。さらにこの日放送された「スパイ」は、ファン・ギチョルの登場で始め存在感を大きく発散した。

ファンギチョルはヘリム·パクを再び訪れスパイ活動を再開することを要求した。ヘリム·パクは、死んだと思っていファンギチョルを見て驚愕した。顔を見てすぐに剣から取り出して殺そうと殺到した。ファンギチョルそうたやすくはないヘリム·パクを握って振るための方法は、すぐにキム·ソンウであった。金善宇を包摂するように言葉にヘリム·パクは、もう一度腰を抜かした。

北朝鮮スパイだったお母さんが国家情報院要員の息子を守るために出て、息子は母親の正体を知っている行く。その間に複数の夢見る敵と愛する人にも言わない秘密を持っ女性が絡み合って設定させた。

いずれか平凡なキャラクターがない。反転を予想することはできない新鮮な話で華やかな印象を残すことに成功した。龍の頭に始めただけに、今後どのような色で光をか期待を集めている。

shine@tf.co.kr
芸能チームssent@tf.co.kr
Copyrightⓒ더팩트(tf.co.kr)|

スポンサーサイト
08:55 ニュース | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示