09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

NO. X 反響 あれこれ

2016/02/18
お借りします






【B】
[ネイバーミュージック]  専門家の推薦ー成長と変化を含む記録の歩み


NAVER 今日のミュージック マガジン はこちら

【H】
2月3週、移住の発見-国内:里程他5枚

毎週発売される国内アルバム中、注目するほどのアルバムを"この州の発見-国内"コーナーを通じて紹介します。
専門家たちが直接推薦する多様で新しい国内音楽に今すぐ会ってみてください!

文/ハン・ミョンニュン(音楽評論家), キム・ホンボム(KBSラジオPD)


[推薦] キム・ジェジュンの[NO.X]

成長と変化を入れる記録の歩み

考えるのを思いのままに表現できる条件を備えた人がどれくらいあるだろうか。
それがたとえ多くの人々の拍手と賛辞を受けるスターといっても話だ。
いやそのような位置に行けばかえってのがすが嫌いなのもさらに多くなって、惜しいことの種類の数も増える。
それで2013年EP [I] からスタジオ アルバム[WWW]を経て見せたキム・ジェジュンのボーカリストとしての欲と歩みは応援するに値する
単にロック的なサウンドを駆使して?
そのように見るのは稚気幼い。
彼よりも注目しなければならないことは彼が強いサウンドとイメージを通じて異性愛的魅力のある極端を絶えず追求してこれを通じて大衆文化の選択肢を多様にさせているという点だ。

事実今の異性愛的キャラクターとしての歌手やアイドルは全部ファンシーとして消費されるのに良いイメージだ。
しかしキム・ジェジュンが選択する音楽はまずサウンド的質感からそれを拒否している。
科しなかった出力だが大型で荒くて率直なその他サウンド、派手だが装飾性に閉じ込められなかったシンセサイザー、響きを十分に生かしたリズム パートの動きなど青磁の注目を強く要求している。

特にアルバムのオープニングを引き受けた'Good morning Night',タイトル曲'Love You More'はポップ ロック的スタイルのサウンドの実現と松ローイングでは国内最上級といえるギターリストタミー・キムの手味キム・ジェジュンの鋭い音色がかみ合わさってニューウエーブ的な感覚を作り出した。
特にこのような部分は前作でキム・パダが作曲した曲らの悲壮美とはまた他の魅力で読むことができる部分だ。
そうした点で見ればキム・ジェジュンのディスコグラフィーは本人の成長と変化を入れる話に成っていっているわけだ。

(by. ハン・ミョンニュン)


【B】
放送審議を通過したのです。歌に適用する必要があります。


バナナマンとかオリラジとか…^^;










注文したのがただ今やっと配送中で、関西中継センターあたり
明日は浸れそうです
…今までで一番心地よいわけ…
…それはきっと、ジェジュンづくしだから

MV も、MINE のように作りこみ過ぎず、JAG のような彼女も出ず
夢に向かってる登場人物以外は、アーティストJJの印象濃い作品

キム・パダが作曲した曲らの悲壮美とはまた他の魅力
明るく希望が感じられる、安心して聴ける曲の数々…
詞はまたじっくり味わうとして、曲調を楽しめてます






スポンサーサイト
13:37 記事引用 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示